ゆき・すきサミット

皆様こんにちは!
福岡のお米といえば脇山!その脇山の新鮮野菜直売所、ワッキー主基の里です。

明日21日土曜日に明治神宮の新宮会館でゆき・すきサミットが行われます。

「ゆき・すきサミット」とは・・・

一代一度の大嘗祭では、東日本代表の悠紀地方と西日本代表の主基地方が選ばれ、その斎田で真心こめて育てられた新穀(お米・栗)が供えられます。

明治・大正・昭和・平成の悠紀斎田、主基斎田のゆかりの有志たちが一堂に会し、その歴史的文化的な意義を広く日本と世界に発信します。

昭和の大嘗祭の前に、西の主基斎田代表として選考されたのが当時の福岡県早良郡脇山村。
決定の条件は、水かきれいで収穫が早く、風俗人種が純朴ということでした。

昭和3年6月5日の御田植え祭りには、八人の八乙女が舞を奉納しました。現在も「お田植舞」は脇山校区自治協議会の保存会により大切に受け継がれています。

今回、ゆき・すきサミットで「お田植え舞」を披露します。

脇山自治協議会お田植え舞保存会の皆さんは、明日の披露の為に週に2回練習をしました。

本番がとても楽しみです。

ワッキー主基の里オンラインショップはこちらからどうぞ」
主基斎田にも選ばれた由緒ある脇山のお米がインターネットで簡単に購入できます。
ぜひご利用ください。
※代引きでのご購入が可能になりました

今週もワッキー主基の里は元気に営業しています。 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!